【MAP有り】距離は僅か300m!武漢の市場とコロナウイルス研究施設。日本語↔︎英語の翻訳あり。

武漢マップjpeg

新型コロナウイルス(Covid-19)の発生源は中国湖北省の武漢の市場だと肺炎が発生した当初はニュースで報道されていた。

しかし、ここに来てウイルスの研究施設からコロナウイルスが漏れたとの説が急上昇している。しかも市場から施設までの距離はごく僅かだった。

武漢の地図を実際に調べた人は少ないと思うので、こちらでGoogle Mapを使って場所を調べてみた。上に添付したマップを見て欲しい。

 

距離は僅か300m!武漢の市場とコロナウイルス研究施設。

中国科学院武漢ウイルス研究所

まずこちらの写真は武漢ウイルス研究所の写真。

ウイルスが発生したとされる華南海鮮市場から川を挟んで12kmしか離れていない。

先日のブログ
新型コロナは中国の武漢ウイルス研究所から流出?

でもお伝えしたように武漢には2つのウイルスの研究施設があるとされ、もう1つの「武漢疾病対策予防管理センター」(予防コントロールセンターと訳されている場合あり)は市場から300mも離れていない。

一番上のマップだと武漢疾病対策予防管理センターの場所は住所上では上の緑色の丸で示されるが、中国語で施設名で検索すると下の緑の場所で表示される。

肺炎が広がってから新たに病院が建てられたという報道もあったので、類似施設が誤って表示されたのかもしれない。

 

武漢航空写真(編集)jpeg

ちなみに航空写真の画像はこうなる。

水産市場の近くには銀行や商業施設が多くあり、左上には大きな駅が見える。

高層ビルも多くあるのがわかり、感染は街の中心であっと言う間に広がったことが想像できる。

 

市場、施設名の日本語↔︎英語の翻訳対応表

今後、武漢のウイルス研究所絡みの記事は多く出てくると思う。

英語記事から翻訳する人や住所を調べたい人、ホームページを検索したい人の為に施設の日・中・英語の翻訳対応表とWebサイトのURL、住所をまとめておいたので是非参考にして欲しい。

1. 水産市場

  • 日本語:武漢華南海鮮卸売市場(ぶかんかなんかいせんおろしうりしじょう)
  • 中国語:武汉华南海鲜批发市场
  • English:Huanan Seafood Wholesale Market

 2. 武漢ウイルス研究所

  • 日本語:中国科学院武漢ウイルス研究所(ちゅうごくかがくいんぶかんウイルスけんきゅうじょ)
  • 中国語:中国科学院武汉病毒研究所
  • English:Wuhan Institute Of Virology,Chinese Academy Of Sciences

ホームページ (website)
http://english.whiov.cas.cn

住所 (address)
中国語:湖北省武汉市武昌区小洪山中区44号
English:Xiao Hong Shan No.44, Wuhan, P.R.China

 3. 疾病対策予防管理センター 

  • 日本語:武漢疾病対策予防管理センター
  • 中国語:武漢市疾病預防控制中心
  • English:Wuhan center for disease control & prevention

ホームページ (website)
https://www.whcdc.org

住所 (address)
中国語:湖北省武汉市江汉区马场路288号
English:now checking 

欧米諸国が賠償金を検討。中国のウイルス研究所からコロナ流出疑惑。

研究員

昨日は中国武漢にある2つのウイルス研究施設からコロナウイルスが流出した疑惑について述べた。

昨日のブログ
新型コロナは中国の武漢ウイルス研究所から流出?

今回はそれに伴いアメリカ、イギリス、インドが中国への賠償金の請求を検討している報道についてお伝えしたい。

 

中国のウイルス研究所からコロナが漏洩した場合、欧米諸国は賠償金を検討。

賠償金

万引き犯を証拠もなく断定しているようで悪いが、かなりの確率で湖北省、武漢のウイルス研究施設からコロナウイルスが漏れたことは間違いない。

中国は間違いなく否認を続けるに違いないが、アメリカ、イギリスを中心に実態の調査は続いているようだ。

もし決定的な証拠が出てきた場合は欧米を中心に損害賠償の請求に話が発展していくに違いない。

もちろん肺炎で自国民に多数の死者が出て、与えた経済影響も計り知れないのだから、それは当然の流れと言える。

WHOが調査をして事実を公表して欲しいが中国から圧力がかかって積極的は動こうとしないだろう。

テドロス事務局長も事態が収まったあとは間違いなく退任するはずだ。

 

インドも追随?賠償請求する国が現在との中国との関係を示す。

裁判所

賠償金の請求には恐らくインドも動き出す。

皆はあまり知らないかもしれないが、基本的にインド人はパキスタンと中国を嫌っている。

インドもあと10年もすれば世界の大国に仲間入りをするので、この辺はしぶとくいくだろう。

領土争いをしているベトナムやフィリピンも勇気を持ってこの流れに加わるかもしれない。

基本的に各国とも経済に大打撃を受けたのだから賠償の請求はしたいはずだが、報復、返り討ちが怖く実行できない国もあるはずだ。

アフリカ諸国もあまり積極的に動かず、南米や中東は国によってのような気がする。

各国の動きで現在のその国と中国との関係が理解できるので、この辺も今後注目していって欲しい。

そして我が国日本は。。

各国の流れを見ながら、当たり障りのない決定を下すだろう。

 

新型コロナは中国の武漢ウイルス研究所から流出?

培養

新型コロナウイルス(Covid-19)は中国湖北省にある武漢ウイルス研究所から広まった可能性がある。

ここ数日アメリカ系のニュース機関を中心に同様なニュースが幾つか出ており、日経の報道期間も追随している。

 

新型肺炎は中国の武漢のウイルス研究所が発生源?

これまであまり報道されてこなかったが、武漢には1956年に設立された中国科学院武漢ウイルス研究所という施設があり、微生物の研究が行われている。

英語版ホームページもあるので是非見て欲しい。

Wikipediaによると266人の研究員がおり、大学院生なども在籍しているようだ。

試験管

コロナウイルスの発生源とされていた華南水産市場からこの施設までは12キロほどしか離れていない。

アメリカはまだ断定はしていないが、コウモリのコロナウイルスの研究がこの武漢で行われていることに対し以前から警笛を鳴らしていた。

ちなみに「武漢疾病対策予防管理センター」という別の施設もあり、この建物は市場から僅か300メートル程の距離しかない。

この為、この2施設が今回のコロナウイルスの発生源として噂されている。

中央日報の日本語記事によると新型コロナの天然宿主とされる「キクガシラコウモリ」は武漢から1000キロほど離れた雲南省・浙江省に主に棲息しており、武漢疾病予防管理センターが2017年と2019年に実験用に多くのコウモリを捕まえたとしている。

 

武漢の人は研究室から広がったと認識しているはず

コロナウイルス研究員

今まで知らなかったが、こんなウイルスの研究施設が2つもあれば、市場ではなくそこから流出して広がったと武漢の人々は思っているだろう。

研究施設はセキュリティレベル4とされ、ウイルスが漏れることはないとしているが、コウモリの糞などから研究員の体内にウイルスが入ってしまえば、簡単に広がってしまうことは皆さんもご存知のことだと思う。

個人的にも、これらの研究施設から広がった可能性が非常に高いと思う。中国政府も当然その可能性が高いことを認識しているはずだ。

なぜ今までこの2施設の存在があまり公になってなかったのか疑問でしょうがないが、中国政府がWHOにあげた寄付金の理由も頷ずける。