もし1995年(25年前)に新型コロナウイルスが発生していたら?現在の感染者数は5,000万人。

タイプ2020年、新型コロナウイルスが世界中で大感染を引き起こしている。

毎日インターネットでCovid-19の文字を見ない日はない。

4月13日現在、全世界での累計感染者数は180万人を超え、死者も11万人を超えた。これからもさらに拡大は続くだろう。

在宅が世界で進んでいるが、オンラインで離れた家族と連絡をとったり、最新の情報をスマホから得たりとインターネットがかろうじて我々の世界を繋いでいる。

もし25年前の1995年に同じ中国湖北省の武漢で新型のコロナウイルスが発生していたらどうなっていただろうか。

今回はそのシュミレーションをしてみたい。

 

1995年はWindows95の時代、i-modeは1999年サービス開始

old_pc

Windows95が日本で発売されたのは1995年の11月23日。

この頃から一般家庭にもパソコンが急速に普及し始めたが、まだまだPCを持っている家庭は少なくインターネットのスピードも遅かった。

20代の方は知らない方が多いと思うが、元SMAPの中居正広がNTTのCMに出て「ロク・ヨン、ロク・ヨン、イチ・ニッ・パッ」とISDN回線を説明してたのは1996年のことだ。

携帯電話も普及し始めたのはこの頃からだが普及率は低く、持っている人の方が珍しかった。

折り畳み携帯

ちなみに一世を風靡したDocomoのi-mode(アイモード)が開始されたのは1999年で、折りたたみ携帯として爆発的人気があったN502itが発売されたのも西暦2000年だ。

ショートメールが始まったのも1997年からで、1995年はポケベルの全盛期であった。

そんなこんなの時代なので、離れた人とのコミュニケーションは固定電話からという人が多かった時代だ。

役所でも95年にPCを個人単位で導入して使っていたところは少ないのではないだろうか。それでも日本は先進国であった。

文章を書きながら「一世を風靡した」という単語を使う世代についになってしまったと困惑する感情はさており、Windows95発売前の1995年1月に中国の武漢で新型ウイルスが発見されるとする。。

 

※次回へ続く

 

カテゴリー: Blog

髪が切れない!新型肺炎でベトナムの美容室、床屋さんが3週間も休業中。

ベトナム人髪が切りに行けない。

ベトナムの現在(2020年4月11日時点)のコロナウイルスの患者は255人(およそ半数は既に完治)となっている。

過去のブログでも何度かお伝えしてきたが、ベトナムは早期から新型コロナの対策を積極的に打ち出して、東南アジアの中でもかなり感染者を抑えている国の一つだ。

生活は不便ではあるが、完全に感染者をゼロにしようとしている現在のベトナム政府の取り組みを今回はお伝えしたい。

 

4月11日時点のベトナムの状況

ヘアカット

4月1日から15日までベトナムでは全国規模の社会隔離が実施されている。

外出は以下の場合を除いて自粛の要請が出ている。

  • 食料、薬品の調達
  • 必須サービスを提供する企業・工場への出勤
  • 緊急時

また屋外では人との接触の際に2メートルの距離をとり、3人以上で集まらないように通達がされている。

現時点では都市封鎖となっていなく、自粛の要請のようだ。

また基本的に全ての外国人の入国が既に禁止されており、映画館などはもちろん、マッサージ店や床屋なども3月24日から営業がされていない。

関連記事
ベトナムはコロナ感染者169人でも半封鎖。特にホーチミンなど大都市で規制が顕著。

 

3月24日から床屋、美容室が全て閉鎖中

現在も引き続き男性、女性を問わず髪を切りに行けないのでストレスを感じている人は多いだろう。

既に店舗が閉まってから3週間経過している。ちょうど髪を切りに行こうと思ったタイミングで店が閉まってしまった人も多いようだ。

自分もそろそろ髪を切りに行きたいとは思っている。

ハサミ

今回の要請は4月15日までとなっているが、16日以降どうなるかの決定はまだなされていないようだ。

アメリカのニューヨークのような状況になるのであれば、期間を延長して4月いっぱいまでの可能性も十分にあると思うが、そこは政府の判断に従いたい。

ベトナムは感染者の半数が既に完治しており、新たに感染が確認された人も空港から直接、隔離施設に入っている人が多いようである。

既にカンボジアからなど陸路からも入国ができない状況なので、となると残りの患者は100人を下回っているはずである。

もし完全に封じ込めができたとなると世界各国でも珍しいケースとなる。

真面目な国民性もプラスに作用していると思うので、早く外出が自由にできるようになり、またレストランでビールが飲めることを期待したい。

 

海外で外にほとんど出れず「コロナ鬱」に。今日はブログ書けない。

死体毎日海外の新型コロナのニュースを書き続けて来ましたが、さすがにメンタルがやられて来ました。コロナ疲れ、コロナストレスというやつですかね。

今日はブログ休ませて下さい。

と、これで終わりたかったのですが力を振り絞ってもう少しだけ書きます。

 

海外の規制が厳しすぎる。コロナうつ病?外国人にはきつい。

2020年4月6日、新型コロナウイルス(Covid-19)の蔓延で日本の一部都府県に非常事態宣言が出されました。

しかしようやく出された宣言に対応が遅いという記事をちらほら見かけます。

確かに海外と比べると対策が遅かったかもしれませんが、いざ海外に住んでみて規制の厳しい海外の環境に日本人が入ると、その規制に対する免疫が特殊な島国の国民性上かなり弱いのかなとも感じました。

日本の政府、行政もその辺も考えて外出禁止ではなく「要請」としているのかもしれません。

「禁止」とするとその言葉に多くの国民が耐えられず、受け入れられないと人間の心理上、他人の批判にどうしてもいってしまいます。

covid-19ワクチン

コロナの場合(日本の場合)その批判は当然、政府・行政に行くので「補償はどうする?」、「私たちの生活はどうなる」などと反発されると、出す側は当然面倒くさいなぁと思ってしまいます。

ダメなマスコミに毎日悪口も書かれます。それなら要請として自己責任とした方が良いんじゃないかとなるのは一応理解はできます。

今回、もし日本で「外出禁止」となっていた場合の国民からの批判は、「自粛の要請」の時よりも何十倍も大きなものになっていたでしょう。

 

海外は政府の力が圧倒的に国民より上。

病院

他の民主主義の国でも警察や国の機関の権力はとても強いです。

強いというか決まりに従って容赦なく対処する感じなので、取り締まる方もその辺はしっかり割り切って対処します。

海外で何カ国も滞在した経験がありますが、インドや中国で日本国民が政府にやっているようなことをすると、多くの人が捕まったり、罰っせられます。

海外に住んでいる場合は、国の力というものは甘くみてはいけないです。

日本はどういう訳か(おそらく長年のマスコミの意図的な報道のやり方によって)この辺がちょっとイビツになっていますが、昔はおそらく日本も現在の海外のような政府と国民の関係だったと思います。

 

コロナ鬱になったらこうやって抜け出せ

マスク中東

そんなこんなで外出も少ししかできず、コロナ系の記事を毎日書いていてメンタルがうつっぽくなってきました。

という訳で日本に長く住んでいる人は、ニュースで流れていることが常識としてインプットされていることが多いような気がするので、違う意見も聞いて、もしかしたらこうじゃないかという考えを持つことが大事だと思います。

 

来週はリフレッシュのために久しぶりに「世界の一発ギャグ」シリーズを書くかな。

※このブログは本来は世界一周のブログですw

 

カテゴリー: Blog