メキシコ(カンクン)物価|現地の生活価格の調査

メキシコの物価の紹介です。

首都はメキシコシティですが、今回の調査はリゾートで有名なカンクン周辺の価格です(2013年調査)。

アメリカのトランプ大統領が国境に壁を作るというニュースがありましたが、その国境がメキシコとの国境です。治安や経済状況が良好と言えず、国境を越えてアメリカで稼ぐという人が後を絶たないようです。

人口は1億3000万人おり、日本よりもやや人口が多い国家です。

 流通通貨

地域:中米
正式国名:メキシコ合衆国
通貨:メキシコ・ペソ
通貨記号:$
国際通貨コード:MXN
補助単位:センターボ

 為替レート

1MXN(メキシコ・ペソ)
=約7.48円(2013年11月時点)
=約5.75円(2020年1月時点)
参考:https://www.xe.com/ja

2012年後半から急激に価値を上げて、2014年の11月には1MXN=8.6円まで値上がりしました。しかし2015年から再度急激に価値を下げて現在の価格に至っています。

 メキシコ(カンクン)物価(生活価格)

交通・宿泊

  • バス(カンクン空港〜市内)52MXN
  • バス(カンクン〜トゥルム)104MXN
  • ホテル(ドミトリー)1泊 135MXN
  • 乗合タクシー(トゥルム〜プラヤデルカルメン)40MXN
  • 乗合タクシー(プラヤデルカルメン〜カンクン)3ドル
  • タクシー(トゥルム〜遺跡)70MXN
  • 船(プエルトフアレス〜イスラムヘーレス)往復130MXN 片道80MXN

食品

  • マクドナルド ハンバーガー 15MXN
  • マクドナルド ソフトクリーム 12MXN
  • コーラ小瓶 10MXN
  • ビール小瓶 30MXN
  • 水500ml 7MXN
  • サンドイッチ 30MXN
  • スターバックス コーヒーフラペチーノ 47MXN
  • ソーダ 500ml 12MXN
  • ポテトチップス(小)15MXN
  • ブリトー 65MXN
  • カップ麺 9.5MXN
  • ジュース 500ml 13MXN

その他

  • コスメルツアー 59ドル
  • 遺跡入場料 57MXN
  • ネットカフェ(20分)5MXN
  • プリント1枚 2MXN

 まとめ

観光地価格の調査の為、他のメキシコの都市の価格と比べて高いかもしれません。それでも日本と比べると物価は安いです。

外国人が多く訪れる観光地のため、治安は悪い感じはしませんでした。

メキシコ滞在中のブログはこちらをご覧下さい。

 

パナマ物価|現地の生活価格の調査

パナマの物価調査です。

中米の南側に位置する国でカリブ海に面し、北はコスタリカ、南はコロンビアと国境を接しています。首都はパナマ市ですが、今回の調査は時間がなかったこともあり、コスタリカ国境近くのボカスデルトロ近辺の物価が中心です(2013年調査)。

 流通通貨

地域:中米
正式国名:パナマ共和国
通貨:バルボア
通貨記号:B/.
国際通貨コード:PAB
補助単位:センテシモ

 為替レート

1PAB(バルボア)
=約98.2円(2019年12月時点)
=約109円(2020年1月時点)
参考:https://www.xe.com/ja

ここ10年の為替相場を見ると2011年には1PABあたり77円まで下がった時期があります。その後、価格を上げて2015年には125円まで上がりました。

 パナマ物価(生活価格)

交通・宿泊

  • 乗合タクシー(国境〜アルミランテ)10PAB ※約45分
  • フェリータクシー(アルミランテ〜ボカスデルトロ )5PAB ※約30分
  • ホテル(ドミトリー)10PAB
  • エクスプレス国際バス(チャンギノーラ〜コスタリカのサンホセ)37PAB

食品

  • お茶500ml 1PAB
  • ハンバーガー(ポテト・ドリンク付き)3.99PAB
  • コーヒー(スーパーの200mlパック)1.15PAB
  • 菓子パン 1.25PAB
  • ポテトチップス(小)0.5PAB
  • ビール(350ml缶)1.2PAB
  • ビール(小瓶)1.5PAB
  • コーラ(小瓶)0.55PAB
  • カップラーメン 0.5PAB
  • インスタントラーメン 0.35PAB
  • クロワッサン袋詰め 4.85PAB
  • 自転車レンタル 5PAB
  • コーヒー 1.5PAB
  • アイスクリーム 0.65PAB
  • ピザ一切れ 1.25PAB
  • パスタ(小)1.25PAB
  • 野菜缶 0.9PAB
  • ミネストローネ 1.55PAB

その他

  • 日帰りツアー(ドルフィンウォッチング、スノーケリング、無人島)25PAB
  • パナマ入国税 3PAB
  • パナマ出国税 3PAB

 まとめ

物価はコスタリカと比較すると安価ですが、メチャクチャ安いという訳ではありません。スーパーなどで買う食料品の価格は比較的安価でした。首都には行かず北側の外国人が集まる観光地の価格なので、あくまで参考としてご覧下さい。

パナマ滞在中のブログはこちらをご覧下さい。

 

【値段を公開】世界一周の合計金額はいくら?予算200万円が期間半年で最低必要です。

 コイン

世界26カ国を訪れて日本へ帰国して数年。

世界一周にはどれくらいお金がかかるかは誰もが気になるところですよね。

今までどんぶり勘定で世界一周にかかった費用を正確に計算していませんでしたが、結構気になる人もいると思うので、航空券やホテル、予防接種の料金なども含めてかかった合計金額をまとめましたので、今回それを公開します。

 

期間半年で世界一周の予算はいくら必要?

調査の価格は世界26カ国をバックパッカーとして約半年間(6ヵ月)かけて訪問した料金です。

世界一周は西回りのルートで行いました。詳細の旅程は「気になる世界一周ルートとスケジュール」をご覧下さい。

合計金額の内訳(航空券、予防接種、海外旅行保険、持ち物、ホテル、交通費など)を書きつつ、総費用を一番下に記載してあります。ちょっと長い文章ですがお付き合い下さい。

 

目次

  1. 世界一周航空券の値段
  2. 世界一周旅行の予防接種の金額
  3. 世界一周保険費用
  4. 持ち物・装備の購入金額
  5. 現地ツアー参加費用
  6. 現地での移動・交通費
  7. 食費(食べ物・飲み物)
  8. 宿泊施設(ホテル・ドミトリー)の値段
  9. 遺跡・美術館・博物館の入場料
  10. ビザ申請費用
  11. その他
  12. 【値段を公開】合計金額は最低200万円が必要
  13. まとめ

 

1.世界一周航空券の値段

世界地図

454,370円(燃油サーチャージ、各国諸税込、エコノミークラス利用)

まずはなんと言っても航空券の値段。

1フライトごとに飛行機のチケット(LCCや格安航空券)を購入する方法と世界一周航空券を購入する方法があります。自分はスターアライアンスの世界一周航空券(エコノミークラス)を購入しました。

詳細の記事を別途書いておりますので、興味のある方は「意外と安い?世界一周航空券の費用・価格」をご覧下さい。

1フライト毎に航空券を購入すると、比較的自由にコースや日程を決められるという利点があります。その反面、毎回航空券を購入しなければいけない手間や世界一周航空券に比べてやや割高になるというデメリットもあります。

世界一周航空券はルートやルールに制約が少しありますが、価格が安いというメリットがあります。ビジネスクラスやファーストクラスのプランもあり、ファーストクラスのコスパは抜群なのでセレブ旅をしてみたいという方はビジネスクラス以上の世界一周チケットを購入するのも良いでしょう。

移動に時間はかかりますが、他には船旅、世界一周クルーズ豪華客船なんて商品もあります。

 

2.世界一周旅行の予防接種の金額

約73,600円

東南アジア、アフリカ、南米を旅行する方は狂犬病、マラリア、黄熱病など病気が心配です。

外国の病院で安く予防接種ができるところがあるようですが、日本で予防接種を打つと日本語でお医者さんにいろいろ相談できるので安心です。少し高くても日本で接種して行くことをおすすめします。

予防接種ごとの価格の詳細は「世界一周旅行の予防接種。気になる費用。狂犬病もちょっと詳しく」をご覧下さい。

 

3.世界一周保険費用

93,710円(6ヵ月)

盗難や荷物の紛失、現地で病気にあった時など事前に海外旅行保険に加入しておくと安心です。

自分はの保険でINC(アイエヌシー)という会社で購入しました。

会社やプランによって補償金額や範囲が違ってきます。保険費用の詳細については「世界一周、海外旅行保険の費用は?おすすめの会社は?」のページをご覧下さい。

死亡事故などは希のようですが、万が一の為にできる限りの対策はして行きたいですね。

 

4.持ち物・装備の購入金額

荷物

約200,000円

出発前の持ち物・アイテムの購入ももちろん世界一周の旅費に含まれます。

バックパックで行く人で大型のリュック(ザック)を持っていない人は新しく買わないといけないですし、自分の場合はエベレストトレッキングに必要な靴やゴアテックスのレインウェアを日本で買っていったりしました。

その他にもカメラ、充電器、変換アダプターなど、購入しなければならないグッズ・装備は案外多いです。

ガイドブックも人によっては準備が必要ですし、スマホのSIMフリー化、Wifiレンタル、パスポートの発行(有効期限が短い方は更新)などの検討も要ります。

●事前に購入した主要な持ち物

  • PENTAX K-30一眼レフカメラ(メモリーカード、予備バッテリーなど含む)約70,000円
  • 80ℓバックパック 約30,000円
  • ゴアテックスのレインウェア上下 約15,000円
  • トレッキングシューズ 約10,000円
  • 充電機器一式 約5,000円
  • I-pad 約50,000円
  • サブカメラ 約6,000円
  • その他

 

5.現地ツアー参加費用

約400,000円

場所によっては単独で行くよりもツアーに参加した方が安価なケースがあります。ツアーに参加すると移動手段の手配もお任せですし、女性の一人旅や安全や時間を買いたい人にはおすすめの選択肢です。

●参加した主なツアーの内訳

 

6.現地での移動・交通費 

Travel

 約250,000円

空港から街の中心までの移動や、次の都市への移動など節約をしても20カ国以上回るとなんだかんだで金額はかさんでしまいます。

●主な交通費

  • 空港から目的地までの交通費(場合によって往復)
  • 次の都市までの陸路での移動(夜行列車、夜行バス、特急列車)
  • 短距離での移動(タクシー、メトロなど)

●運賃が1万円以上かかった移動

  1. イギリス特急列車(ロンドン〜ウィンダミア)96イギリスポンド
  2. アメリカ アムトラック鉄道(ワシントン〜フロリダ)159ドル

特に欧米での移動はお金がかかります。

 

7.食費(食べ物・飲み物)

約320,000円

毎日の食事は楽しみでもありますが、毎日良いものを食べていては費用もかさみます。1日1,000円に抑えたとしても半年間の旅行ですと180,000円の費用がかかります。

欧米ですと1日1,000円だとちょっと無理ですし、物価の安い国でもビールを頼んだり、ちょっとおしゃれなレストランに行けば1,000円は簡単に越えてしまいます。

グルメな人はここにもうちょっと予算を割きたいです。

 

8.宿泊施設(ホテル・ドミトリー)の値段

約270,000円

スーツケースではなく低予算で野宿も大丈夫という若いバックパッカーはテントを持って行くのも手段かと思いますが、寒い地域や治安の悪い国ではオススメはできません。

ドミトリーは安価な国で1泊1,000円、アメリカですとドミトリーでも1泊5,000円近くする宿泊施設もあります。食費と同じで毎日かかる費用なので予算に応じてホテルのグレードを選択する必要があるでしょう。

 

9.遺跡・美術館・博物館の入場料

入場券

 約45,000円

世界遺産や美術館を観て回りたいという人は入場料も考えておかねばいけません。ヨルダンのペトラ遺跡は入場料は3日券で60ドルです。

ヨーロッパの美術館は入場料で1,000円以上かかることもあり、これもいろいろな国を回ると意外と費用がかさみます。

 

10.ビザ申請費用

約30,000円

日本人でも入国にあたってビザが必要な国があります。

空港でビザが取得できる国もありますが、事前に手配が必要なケースもあります。 

今回は手間やトラブルを避ける為、事前にビザの申請が必要な国はなるべく避けました。事前に日本でビザを手配したのはインド、ミャンマーのみです。

ただそれ以外でもアメリカ、エチオピア、ザンビアなどオンラインやアライバルでビザを取得した国は思い出すだけでも幾つかあり、結構料金を払っています。ビザの他にオンライン申請の手数料がかかるケースもあります。

 

11.その他

約300,000円

その他にも覚えてないだけで払っているお金は多くあります。

自分は一時帰国を含めて世界一周航空券以外のフライトも幾つか購入したので費用がかさみました。

薬を買ったり、ブログの維持費や、日本での携帯電話(最低料金にはしましたが、本人認証や着信はできるようにしたかったので解約しなかった)など細かな費用がたくさん発生します。

世界一周だとマイルが貯まるので、自分の場合は航空会社と提携しているクレジットカードなどを新たに申し込みました。年会費などのランニングコストも計算に入れなくてはいけません。

 

12.【値段を公開】合計金額は最低200万円が必要 

お金を持った人

世界一周合計費用:2,400,000円

もうちょっと少ないと思っていましたが意外とかかってました。

途中一時帰国があったので、その影響もあるかと思います。

ドミトリーに泊まっても抵抗がない方であれば、6カ月だとトータル2,500,000円くらいあれば安心でしょうか?切り詰めれば、安くて最低で2,000,000円でも大丈夫だと思います。

 

13.まとめ

細かな支出で思ったよりも費用がかさんでしまう世界一周旅行です。

その反面得られる物は多いです。野宿やドミトリー宿泊は嫌だという方で予算に限りがある人は期間を短くすれば、1日あたりの食費やホテル代×日数分を減らせますし、渡航する国の数を減らして、1箇所に長く滞在するスタイルですと移動費の出費を減らせます。

別に無理して世界一周に拘る必要もないと思うので、自分の時間や予算に合った旅の経路、プラン、日程を組むのが一番だと思います。

あと、あまり節約に拘り過ぎた旅行はおすすめできません。アフリカツアーでは丸1日バスで移動なんて日も何日かあったのですが、それであれば航空券を買って移動して、時間・期間を短縮する旅を考えた方が良かったと今さら思います。

世界一周航空券もコスパの良いファーストクラスを買えば旅の幅というか楽しみも広がるでしょう。 

以上、如何でしたでしょうか?今回の記事がこれから世界一周の準備を考えている初心者や高校生・大学生などの方の参考になれば幸いです。