ケニア(ナイロビ)物価|現地の生活価格の調査

ケニア

アフリカのケニアの物価情報をお伝えします。

ケニアは東アフリカに位置する国で、コーヒーでも有名です。人口は約4,500万人で、首都はナイロビです。東アフリカでは最も経済が発展した国でアフリカの中でも7番目の経済力を誇ります。

今回は首都のナイロビの物価を中心にお伝えします(2013年調査)。ナイロビは治安がとても悪く、十分な価格調査ができませんでした。それでも価格感は理解できると思いますので、参考にご覧下さい。

 

 流通通貨

地域:アフリカ
正式国名:ケニア共和国
通貨:ケニア・シリング
通貨記号:S
国際通貨コード:KES
補助単位:セント

 為替レート

1KES(ケニア・シリング)
=約1.2円(2014年3月時点)
=約1.08円(2019年12月時点)
参考:https://www.xe.com/ja

 

 ケニア(ナイロビ)物価(生活価格)

・宿泊費(ゲストハウスなど他の国の旅行者と同じ部屋に泊まる場合) 1泊980KES

・タクシー(ホテル~国際空港) 1500KES

・現地レストランでの食事 300KES

・コーラ(小) 100KES

・即席ラーメン1個 30KES

・ショッピングモールでのサンドイッチ 340KES

・ショッピングモールでのコーヒー 180KES

・空港のサンドイッチ 250KES

・空港のコーヒー 250KES

 

 まとめ

物価は日本の6~7割位の印象でしたが、治安が心配でローカルな価格の調査ができませんでした。
観光時の価格としてご覧下さい。

ケニア滞在中のブログはこちらをご覧下さい。

:roll: 参考になりましたら是非クリックをお願いします :roll:
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 ←携帯の方はこちら!

さよならアフリカ!

アフリカ大陸お別れのフライトは夜明け前の4:30。

何があるかわからないので早めに宿を出る。

DSC02120

 

このナイロビエアポートストップオーバーハウスは空港から近いことを売りにしている事もあって宿に空港までの送迎用の車と専属のドライバーがいる。

タクシーでのトラブルも心配な人にはオススメの宿かもしれない。
宿~国際空港の値段は1500シリング(約1800円)

 

 

 

深夜のナイロビ。

異国の地に1人とはまさにこのこと。

このタクシーの運ちゃんが道をそれて拳銃を出したらもうThe end。

それが起こり得るのがナイロビ。

 

DSC02150

 

ナイロビは渋滞がひどく、心配して早く宿を出たがさすがにこの時間はまったく交通量がなく、あっという間に空港についた。

 

DSC02149

 

 

 

DSC02165

 

空港火災後の仮設ロビー。

 

 

DSC02158

 

 

 

DSC02160

 

時間が時間だけにあたりは人がいてもとても静か。

 

 

ついにアフリカもさよならなんだなー。

 

 

周りのみんなは疲れて寝ている。

 

DSC02171

 

お別れのアフリカ。

 

次に来るのはいつになるのか。

 

DSC02173

 

 

大陸の分かれ目は旅行の一つの分かれ目。

 

 

ツアーに参加しなければ良かったかなー。

 

やっぱり記憶によく残っているのは1人でビクビクしながらも次へ次へを目指したツアー参加の前と後だ。

 

 

 

会社を辞めて世界一周。日本の社会の中ではかなりリスクを背負った行為だが、もっとリスクテイクをしている人を多く見かけるのもこの世界一周旅行。

 

こういう意味では世界一周のサラリーマンというかまだ知っている世界が少ない。

 

 

 

そして中東へ。

 

IMGP4341

 
また来るよアフリカ!

 

じゃまた!

 

 

JobTabiアフリカ編

 

 

:roll: アフリカ編に少しでも興味を持ってくれた方はクリックをお願いします :roll:
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 ←携帯の方はこちら!

そして危険なナイロビで一人ぼっち

ツアー解散後は韓国人のグループと一緒の宿に泊まることに。

 

DSC02120

 

ナイロビエアポートストップオーバーハウス。

いわゆる国際空港に近いホステル。

 

DSC02124

 

きちんと手入れされた庭。

 

DSC02145

 

中も綺麗。

 

スタッフのニーマはなかなか面白い女性スタッフ。(寝起きは悪い)

 

DSC02123

 

 

みんなで買出し。

皆それぞれツアー後の予備日を1~2日設け、帰国または次の目的地へと旅立って行く。

3日後。

 

 

僕は危険都市ナイロビで1人になった。

 

DSC02141

 

宿の近くはこんな感じ。

ちょっと所得が高そうな人たちが住む区画の中に宿はある。

 

200㎡ほどの区画に大きなゲートが2ヵ所。

それぞれ入口にガードが常にいて部外者が入らないかチェックしている。

 

にも関わらず…

 

 

中の家の防犯対策。

 

DSC02118

 

 

ハウスオブ鉄格子。

 

「何やね!これ!」

 

 

地球の歩き方というガイドブックを見ると、ナイロビはとりあえず編集しましたが外に出ないことをオススメしますみたいな内容。

売れなくても良いのかよガイドブック。

 

しかし、食料を買いに外に出なければならない。

ショッピングセンターまでは僅か400m。

 

それくらいだったら大丈夫っしょ。

ガードに頼んで門を開けてもらう。

 

すると近くの住民と思われる男が声をかけてきた。

「おー、君はどこ出身だ?」

何者だ、こいつは。

 

緊張が走る。

 

「に、にににににに忍者ハットリ君、じゃなかった、ににににニッポンでゴザル!」

 

話をするとどうやら大丈夫な人っぽく、驚いたことに国連で働く職員らしい。

 

「いいか。外出をする時はグループを作らないとダメだ。4人くらいの。」

 

「…。」

 

作りたくても作れないんだよ。グループが。

 

結局ショッピングセンターまでこの人が心配して一緒について来てくれた。

 

 

DSC02132

 

 

DSC02127

 

 

DSC02129

 

 

DSC02130

 

帰りは1人なのでダッシュで宿に戻る。

 

DSC02131

 

ナイロビ。

結局、宿の外にはほとんど出ず、宿のスタッフから

「もうJobTabiはずっと宿にいてパソコンばっかりなのね。」

と言われる始末。

 

本当はナイロビをもっと見て回りたかったんだけどね。

 

:roll: 内容気に入って頂けた方はクリックをお願いします :roll:
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 ←携帯の方はこちら!