新型コロナで世界が「鎖国」の時代へ。東京オリンピック開催は絶望的。

マスク欧米

新型コロナウイルス(COVID-19)が全世界に蔓延し、全世界での鎖国時代が襲来しつつある。

中国、韓国、イラン、イタリアからだけでなく、多くの国で国籍を問わず外国人の入国を制限し始めた。

教科書で習った1600年代から江戸時代に日本が200年以上行ってきた鎖国が全世界で始まろうとしている。

 

時代の逆行。ついに全世界鎖国が現実に。各国がコロナウイルス対策を大幅強化。

消毒

WHOがパンデミックを宣言し、全世界のコロナウイルスの感染者の合計は3月18日現在189,375人と20万に迫る勢いだ。

中国以外の感染者数はついに中国を越え、ヨーロッパを中心に拡大の歯止めが効かない状況だ。

イタリアでは全土での移動を制限し、なんとか感染の増大を防ごうと躍起だが累計の陽性患者は30,000人を超えた。

隣国のスペインでも感染が拡大し、感染者は既に10,000人を超えている。

フランス、ドイツでも感染者が10,000人に届くまであと僅かの状況だ。

アメリカでも感染者が増加し日本と感染者の数が逆転した。

そんな世界での患者の増加をふまえ、各国で外国人の入国制限が強化され続けている。

これまでイタリア、中国、韓国、イランからの入国のみを制限してた国がここ2〜3日で対象を全ての国に切り替え始めた。

日本が400年前に行ってきた鎖国が全世界で行われつつある。

 

ベトナムの新たな入国制限措置

看護士ベトナム

昨日のブログでお伝えしたネパールでは国籍を問わずアライバルビザの発給を4月30日まで停止した。

【速報】ネパールは新型肺炎でエヴェレスト登山もトレッキングも禁止。コロナで観光収入の激減のおそれ。

その他、著者がニュースで確認しただけでも

イスラエル、クウェート、ノルウェー、デンマーク、チェコ、ポーランド、オーストラリア、エクアドル、エルサルバドル、ブータン、インドネシア、マレーシア、シンガポール、ベトナム、香港、マカオ

などの国・地域が全ての国からの入国の制限、または隔離処置などの決定をしている。

オーストラリアなど国によっては外国からの入国制限だけでなく、自国からの渡航も制限している国もある。

ベトナムでは3月17日に外国人入国者に対するビザ発給の一時停止を決定した。

3月18日から30日間、ベトナムに入国する外国人に対するビザの発給が停止となる。

またベトナムの北部にあるハイフォン市では感染地域から来たかどうかに関わらず、海外からハイフォンに入る全てのベトナム人と外国人に対して、集団隔離措置を行うとの通達もあり、日に日に規制が強化されている状況だ。

ホーチミンでもバーやマッサージ店、映画、カラオケなどの3月末までの営業停止が決定された。

状況が刻一刻と変わる中で、現地の言葉が十分に理解できない外国人は不安を抱えるばかりだ。

 

東京オリンピックの2020年開催はもはや絶望的

東京オリンピック

このような状況の中で東京オリンピックの2020年の予定通りの開催はほぼ絶望的と言える。

上記の各国の措置は多くが期間限定といえ、ここから短期間で大幅に新型肺炎の患者数が減るとは考えづらい。

国の行き来を各国が制限する中、日本だけがオリンピック期間中だけ外国人の入国を認めるのは世界の動きと反する。

五輪が終わった後も選手や観客は自国に帰らなければいけない中、既にチケットを購入した人が感染リスクを冒してまで、全員東京に来たいと思わないだろう。

1年で終息が見込めるか不透明なこの状況で、中止はないにしろ2年後の開催、つまり2022年への延期が妥当ではと著者は内心思っている。

また機を見てコロナウイルス関連の情報はアップデートしていきたい。

 

【速報】ネパールは新型肺炎でエヴェレスト登山もトレッキングも禁止。コロナで観光収入の激減のおそれ。

エベレスト遠望世界一の山のエヴェレスト登山(8,848m)があるネパールで、コロナウイルスの影響から政府は13日、今春のすべてのエヴェレスト登山を禁止しました。

新型コロナが最初に発生した中国と国境を接するネパール。今回はネパールの新型肺炎(COVID-19)の感染者情報と政府の対策などをお伝えします。

 

ネパール政府は新型肺炎でエヴェレスト入山を禁止。トレッキングは?

カトマンズ街中

今回のコロナウイルスによる登山禁止はエヴェレストに限ったものでなく、それ以外のネパールの山も対象に含まれるようです。

トレッキングに関しても禁止対象に含まれるようで、今回の措置が解除されるまではネパール全土で登山、トレッキングができないことになります。

※ネパールはトレッキングや登山に関しては現地ガイドの同行が義務付けられており、個人で登山やトレッキングすることができません。

なお今回の規制(入山許可証、パーミットのキャンセル)は3月14日〜4月30日までとなっています。

 

現在のネパールの新型肺炎患者はわずか1人。それでも登山禁止を決定。

エヴェレスト氷河

ネパールはこれまで新型肺炎の感染者数はわずか1名でした。ここ数週間は新規の陽性患者も発生していませんでした。

禁止した背景は世界でのパンデミックによる感染者数の増加もありますが、登山の際にコロナウイルスの発症した時の死亡リスクもあると考えられてます。

以前ネパールに行った際のエベレスト街道トレッキングのブログを見てもらえればわかると思いますが、標高4,000mを超えると正常な体でも突如、高山病に襲われて体調を崩し、場合によってはヘリコプターで運ばれることも珍しくありません。

このような環境でコロナウイルスの症状が出れば死亡リスクが上がることは間違いありません。

また登山でテントに泊まる同行者の感染リスクもありますし、天候により救助が遅れる場合もあります。夜間は救助の対応もできません。

過去のブログ
【まとめ】ネパール・エベレストトレッキング(費用、持ち物からブログ、写真・動画まで)

 

コロナによる観光収入の激減のおそれ

ネパール人々

ネパールは観光立国で登山、トレッキングによる観光収入は年間莫大なものになっています。ちなみにエベレストの場合、入山料は1人1万1000ドルにものぼります。

今回の決定で政府もそうですが、荷物を運ぶポーターやガイドも収入を失うことになります。

ポーターってどんな仕事ですか?

ネパールのトレッキングガイド

それ以外にも首都のカトマンズを中心に登山やトレッキングの準備をする人向けのアウトドアショップ、旅行代理店、ホテル、レストランもあり、これらの人にも甚大な影響を与えることになります。

 

現在の政府の対応

ネパール政府の現時点での対応ですが、上述したように3月14日から入山許可証、パーミットのキャンセルが決定されています(4月30日まで)。

その他にも現在、海外からの全ての旅行者に対しアライバルビザの発給を停止しています。この措置についても期限が4月30日までとなっています。

詳しい情報については外務省海外安全ホームページの「ネパール政府の新型コロナウイルス感染拡大の予防措置について」をご覧ください。 

 

まとめ

以上がネパールのコロナウイルスに関する情報でした。

以前のブログの他にもYouTubeに過去のトレッキング動画も公開しています。

YouTubeの世界一周動画→https://youtube.com/user/jobtabi

ネパールはトレッキングや登山の他にも国立公園で動物と触れ合うことができたり、トレッキングをせずに景色を見ながらのんびりすることもできます。

ただやはりネパールに行くなら雄大なエヴェレスト山塊の景色は見たいものです。

一刻も早く世界的な流行が落ち着き、観光客が戻ることを願ってやみません。

 

中国、新型コロナの感染者数は嘘。なぜ感染スピードが急激に落ちた?

コロナウイルスイメージヨーロッパでのコロナウイルス(COVID-19)の劇的な拡散スピードに反して、中国での増加スピード(WHO発表)が急激に落ちています。

なぜここまで新型肺炎の報告数の増加が急激に減ったのか。今回はその謎に迫りたいと思います。

 

中国、新型コロナの感染者数は嘘?なぜ感染スピードが急激に落ちたのか?

中国マスク青年

全世界へのコロナウイルスの拡散で最近は中国での感染状況から目が離れがちですが、なぜか急激に感染者数の増加が減っている中国。

武漢のある湖北省以外にも急激に感染が広がっているニュースが流れてから、急に中国の感染状況の報道が減り、3月10日には国家主席の習近平が武漢を訪れ、事実上の中国でのピーク終了のようなニュースも日本で流れました。

WHOが中国を擁護しているのではというニュースもあり、疑問に思っている人も多いと思います。

WHOと中国の関係性まではさすがにわかりませんが、今回は数字的なものを参考に中国の発表数が本当に正しいか、ウソなのか検証していきたいと思います。

 

イタリアは全土の移動を禁止しても拡散が継続。中国ではなぜ抑えられた?

3月14日発表のWHOの資料では中国とそれ以外の世界各国のコロナウイルス感染者数、死者数は以下となっています。

・Globally(全世界)

感染者数:142 539 (新規:9769)
死者:5393 (新規:438)

・China(中国)

感染者数:81 021 (新規:18)
死者:3194 (新規:14)

・Outside of China(中国以外)

感染者数:61 518 (新規:9751)
死者:2199 (新規:424)

・感染者が確認された国・地域

134か国・地域 (新規:12)

まだ中国以外の国の感染者を合計しても中国の感染者数に達しませんが、まもなくこの数字が逆転する見込みです。

中国以外の国では中国での感染の広がりをみて多少なりとも対策をとる時間があったのにも関わらずです。

日本は多少遅くなりましたが、各国とも比較的早く中国からのフライトの受け入れを禁止し、対策をとってきました。

それに反して自国での発生した病気でフライトの受け入れ禁止もできない中国の感染者が増えない理由が不自然ですし理解ができません。

イタリアでは全土の移動を禁止しても、この拡散ぶり(3月14日現在、感染者数は17,660人、死者数は1,266人)です。

  

中国の抑え方が応用できれば世界でも拡散防止が可能。抑制方法を世界各国に教えるべき。

コロナ検査

中国ではどのような対策をとっているのでしょうか?

他の各国が行っている対策は学校の休校や不要な移動の自粛、イベントの中止、入国規制の措置です。企業によっては在宅勤務も導入しており、これ以上考えられる対策はないようにも思えます。

中国が増加の抑制できた理由があるならば、これ以上の対策をしていたことになりますが、中国で行っている対策は一向に海外に流れてきません。

WHOと中国の関係なんだか怪しいですよね。WHOは中国に強制力はないのかもしれませんが、中国が正しい数を報告してない、または他の都市で感染の収集がつかなくなっている可能性も十分に考えられます。

もしくは北京や上海でも武漢のように徹底した移動規制が行われているかもしれませんが、その場合の住民が厳しい生活を送っているというニュースも流れてきません。

もし中国が拡散を防げているのであれば、そのやり方を世界に公開すれば良いと思います。そうすることで世界での蔓延もかなり防げるはずなのですが。。

ちなみにWHOの発表で中国で最もコロナウイルスが発生している地域はご存知のように湖北省(Hubei)で、67,990人が感染し3,075人の方がこれまで亡くなっています。

次に多いのは広東省(Guangdong)で感染者は1,356人、死者は8人と大幅に数が減ります。同じ国内の中国の方が他の国より拡散が抑えられている計算になります。

首都の北京では感染者は437名、死亡は8名のみです。

中国全土の感染者数は

  • 1月11日:41人
  • 1月18日:62人
  • 1月25日:1,287人
  • 2月1日:11,791人
  • 2月8日:34,546人
  • 2月15日:66,491人
  • 2月22日:76,288人
  • 2月29日:79,251人
  • 3月7日:80,651人
  • 3月14日:80,824人

となっています。2月半ば以降の増加の減少が顕著です。

この通りに行くと世界の感染者数ももうすぐピークを迎え、終息も目処が立ってくる計算です。

 

このブログも監視されているのかしら。消されたらどうしよう。

と、こんなことを書いていると国外にも検閲が入ってブログが乗っ取られ、これまで書いた記事が全て消滅なんて事態もあり得るのでしょうか?

削除ならこの記事だけピンポイントで削除してほしいですが。

基本的に中国は食事も美味しいし、中傷するつもりはなく拡散防止の観点から書いています。

 

まとめ。世界は中国の感染数減少をどう見ているのか。

世界が中国の感染者の減少をどうみているのかは、現在中国からの入国を多くの国で規制していますが、この規制の解除をいつ行うかによって分かると思います。

各国ともすぐに中国からの入国規制は解除しないでしょうし、中国にとっては逆はまだしも、自国民が他国の規制によって海外旅行にも行けないのは国家のメンツにも関わってくる部分かと思いますが、この世界の状況で早期の規制解除は結果的にマイナス効果になるだけです。

小国に圧力をかけて入国規制を解除させるなんてことをしないことを願うばかりです。

 

スリランカのコロナウイルス(新型肺炎)速報。現在の感染者は9人。

スリランカ海

新型肺炎がもの凄い勢いで世界に拡散して行っています。

先日島国のモルディブでもコロナウイルスの感染が拡大しているニュースをお伝えしました。

モルディブ、新型肺炎の患者が2名→8名まで増加。引き続き一部リゾートが閉鎖中

モルディブに比較的近いスリランカでもコロナウイルスの感染者が確認されており、今回はスリランカの最新の新型肺炎(COVID-19)の状況をお伝えしたいと思います。

 

コロナウイルス(新型肺炎)スリランカ最新情報。現在の感染者は9人。

コロンボ電車ホーム2

2020年3月15日(日)時点、スリランカ国内の新型肺炎の感染者数は9人です。

日経新聞の感染マップでは3人となっていますが、累計感染者9人が最新の情報です。

スリランカでは1月に初めて中国湖北省からの中国人観光客(帰国済)の感染が確認されました。

その後、3月11日に国内で初めてスリランカ人が感染しました。さらにここ数日感染が増加しており、ヨーロッパの感染者が多い国からの入国も今後制限されそうです。

ここ数日の動きについては英語ですが「Sri Lanka bans travellers from Europe as Coronavirus toll climbs」を参考にしてください。

 

島国なので感染拡大リスクは比較的少ない

コロンボ風景

スリランカはインドの南に浮かぶ島国で、他の国と国境を接していません。

また同じ島国の日本と比べると経済があまり発展していない為、ビジネス目的で訪れる人は多くなく、他の国と比べると感染予防の対策は比較的容易と考えられます。

しかし陸路では国境を接していませんが、地理的に近いインドとは比較的人の出入りが多く、昨日のブログでも取り上げたようにインドは今後感染が急拡大する恐れがあるので注意が必要です。

インドの最新のコロナウイルスの感染状況
【悲報】感染者1億人。インドで新型肺炎(COVID-19)が感染拡大するととんでもない事態になる

 

マナーの良い人々。通勤時の電車はやや混雑で注意が必要

コロンボ電車ホーム

隣国のインドは欧米の人から見ると人々のマナーがしっかりしていない部分があります。(例えば人がすれ違う時や電車に乗る時、体がぶつかることは結構当たり前)

それに比べるとスリランカは宗教が違うせいか(スリランカは仏教、インドはヒンドゥー教が多い)穏やかな国民性です。

公共の場で大声で喋る人もインドよりは多くなく、人口も少ない(約2,200万人)のでインドのように感染が急激に進む可能性は低いと言えます。
(コロンボ中心部を除いて、ものすごい人口が密集している地域はあまりないように感じます。)

ただコロンボの通勤時のラッシュはめっぽう酷く、電車にはかなり大勢の人が乗り込むので、通勤時の感染拡大は注意が必要です。

 

政府の現在の対策

WHO

上記のマップはWHOが発表した世界のコロナウイルス感染マップです(2020年3月12日時点)。赤丸が大きい国、地域ほど感染が広がっているという意味です。

スリランカは他国からの感染を防ぐために現在以下の措置を行っています。

  • アライバルビザの発給の暫定停止。ビザを取得してスリランカに渡航する必要のある日本人を含むすべての外国人は、事前にETA(電子ビザ)もしくはスリランカ大使館にてビザの取得が必要です。
  • 3月10日からイタリア、韓国、イランから直接入国、もしくはこれら3カ国を経由で入国する全ての人に対し、入国後に指定の施設にて、14日間の隔離措置を実施。
  • 1月28日付で中国からのアライバルビザの発給を停止。
  • 3月13日から4月20日までの約1カ月間、スリランカ国内のすべての学校を休校

 

まとめ

以上、スリランカの現在の新型肺炎の状況についてお伝えしました。

観光業がスリランカでは収入資源となっているため、今回のコロナウイルスの感染の拡大は観光産業に甚大な影響をもたらしていると考えられます。

以前訪問したスリランカの動画ですが近いうちにYouTubeにアップしたいと考えています。

興味のある方は是非YouTubeチャンネルもご覧ください。