日本のコロナ感染者は4月に10万人に増加。GW(ゴールデンウィーク)は外出不可能。

コロナ世界マップ2020年4月4日現在、日本の新型コロナウイルス患者が3,000人を突破した。エイプリルフールの嘘と信じたいが、これは現実である。

4月に入り特に増加が顕著で特に東京都では1日100人のペースで新規患者の増加が確認されている。

今回はこのペースで患者が増え続けた場合、4月終わりにどれくらい感染者が増えるかを予想していきたい。

 

日本のコロナ感染者は4月に10万人に増加する。

繁華街

この状況で自分もおそらくかかっているけど、人には言えずに様子見をしている人も多いのではないだろうか。

前回のブログでもお伝えしたが、東京でこれだけ感染が増えているにも関わらず都からは外出の自粛・要請だけで具体的な規制は現時点で何もない。

前回のブログ
東京都のコロナ緊急記者会見。小池知事の無対策にズッコケ。

アメリカでは4月4日時点での感染者数は27万人を超えた。

ちなみにアメリカでの3月1日時点の感染者数は僅か74名であった。そして3月15日時点で3,500人ほどになり、2週間で一気に200,000人以上に感染が拡大した。

ヨーロッパからの駆け込み帰国で患者が増加したことが背景にあると思うが、これは日本も同じだ。

新型肺炎(COVID-19)の規制についてはアメリカの方が日本より進んでいたと言える。

日本はオリンピックの開催を目論んで感染者数を少なく見積もっていたことも考えられるし、重症にならないと検査できない医療体制などを考えると既に1万人以上の感染者がいると考えるのが自然だ。

となるとアメリカや、規制を外出規制を厳しく実施しているヨーロッパでも感染が進んでいることを考えると国内で4月にウイルス感染者が10万人を突破することはほぼ間違いないだろう。

 

GW(ゴールデンウィーク)は外出規制はほぼ確実。

電車内

そしてこのペースで増加が増えると、まずは東京都が4月13日までに完全に外出の自粛を都民に求めるはずだ。

そして4月20日くらいに政府も事態の収拾がつかなくなるとわかると(現時点で既に収拾がつかなくなっていると個人的に思っているが)全国民へ外出の自粛を要請する可能性が高い。

そうなるとせっかくのGW(ゴールデンウィーク)も自宅で過ごさなければならない。

5月は100万人のコロナウイルス感染者も冗談ではないように思う。

 

そして医療体制が崩壊。自宅で死ぬ人も。

マスク消毒そして現時点でほぼ限界をむかえていると言われる医療体制が崩壊し、治療したくてもできない患者がいるイタリアやスペインと似た状況になってくる。

若い人でも呼吸が苦しくなる人もいると聞くので、高齢者まではいかないが中高年の人で自宅で苦しい思いをする人がかなり出てきて、中には亡くなる人も出てくるはずだ。

まだこの状況に危機感のある人が日本には少ないように思えるが、個人的には日本はもう感染爆発が止められない状況にきていると感じる。

できる限り皆が外出しないことを望むが、まずは2週間後に日本の状況がどうなっているか見守りたい。

 

カテゴリー: Blog

東京都のコロナ緊急記者会見。小池知事の無対策にズッコケ。

小池知事会見

3月30日に20時から東京都の小池知事が緊急記者会見をするというニュースが流れた。

どんな緊急な内容かと思い海外からライブで会見を見ていたが、あまりの内容の無さに呆れて途中で離脱してしまった。

石原知事時代の会見をネットで見て、歯に衣着せぬ言い方などが気に入って、リスペクトや良い意味で今回の都知事の発表・コロナ施策を期待していたのだがガッカリの内容だった。

 

東京都のコロナ緊急記者会見。小池知事の無対策にズッコケ。

まず20時に開かれるという会見で緊急性を要する発表だと思ったのは私だけだろうか。

志村けんさんのコロナウイルスによる死去。東京都内で増加し続けるコロナウイルス感染者数。海外の各都市での相次ぐ都市の封鎖。

この流れで行くと先日ブログで予想した東京の封鎖がついに実現と考えてしまったがのが大きな勘違いだった。

【恐怖】東京の閉鎖、ゴーストタウン化が新型コロナで現実味。通勤はどうなる?

冒頭20分ほどの主な内容は

  • 直近の東京都の新型肺炎(COVID-19)の感染者の増加と対応できる見込み病床数。
  • 最近深夜営業のバーでコロナウイルスの感染が増えているので夜間外出を自粛の呼びかけ

だけであった。

 

ピントがズレる記者の質問。

記者会見

以前は記者は頭の良い人がなる職業だし、みんな適切な質問をしているのだろうと思っていた。

海外生活が長く何年かぶりにこういった会見を見たが、記者の質問もコロナの深刻度に対して明らかにピントが合ってない気がする。

そして「東京都知事が夜間のバーなどへの外出自粛を要請しました」などと報道するマスコミ。

個人的に自分の頭は良くないと思っているが、明らかに自分の方がこの人たちよりまともな世界にいると思った。

それくらい会見を開く方も、会見を聞いて質問する方もズレていたと思う。

海外の流れを見ると、今早急にしないといけないのは「外出の禁止」「営業の禁止」などの命令措置だと思う。

 

国民に命令ができない日本、行政が国民の顔色を伺う時代

報道

入国規制についても2週間の隔離措置ではなく自宅などでの待機要請を行っている日本。

国民の自由を奪わないという観点では人権が保証されていると言えるかもしれないが、強制的に隔離される、バーにも行けない海外は人権が保護されてない国なのだろうか。

もし日本の政府・行政が隔離を強制したら、マスコミや一部の人がまたネットで人権侵害と書くから東京都も国も強制ができないのだと思う。

もしかすると国や都の方がマスコミよりまともなのかもしれないが、今日の会見は無駄な長さを見ると東京都も結構ヤバいのではと思ってしまった。

要件だけパッと伝えられないのかと思ったし、日本ではまだこんな無駄な会議をやっている会社が多いのだろうとも思った。

確かにこんなことでは日本が遅れるのも無理がない。

 

感染者が日本より少ない国でも外出禁止。

海外都市

ブログでも日々伝えているが日本より感染者が少ないインド、ベトナムの現在の対策はこうである。

インド
【悲報】感染者1億人。インドで新型肺炎(COVID-19)が感染拡大するととんでもない事態になる

ベトナム
ベトナムはコロナ感染者169人でも半封鎖。特にホーチミンなど大都市で規制が顕著。

それでも感染者数の増加に政府は苦慮している。

なので今後も日本の感染者数はどんどん増加していくだろう。

アフリカ各国でも感染者数が増え始め、全土で外出を禁止したインドでもコロナウイルスの感染者が増えてきている。

パキスタンやインド、バングラディシュなどは人口密度や生活スタイルを考えると感染は抑えようがないだろう。

もう世界で抑制は難しく終わった感を感じ始めているのは、脱サラをして世界一周を体験したこの変わり者だけであろうか。

もう2〜3ヶ月もすればどっちが正しかったがわかるだろう。

 

カテゴリー: Blog

ベトナムはコロナ感染者169人でも半封鎖。特にホーチミンなど大都市で規制が顕著。

持ち帰りのみ

ベトナムで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の規制がさらに進んでいる。

2020年3月27日時点でのベトナムの感染者数は169人まで増加した。

日本や他の国に比べると感染者数は少ないが、欧米から来た外国人、または帰国したベトナム人からハノイ、ホーチミンの大都市で急速に感染が広がっている。

 

ベトナムはコロナ感染者169人でも半封鎖。特にホーチミンなど大都市で規制が顕著。

予防接種

ホーチミンでは24日に、30人以上が入るレストラン、さらにジム、ビリヤード場、スパ、床屋などのサービス施設を3月31日まで営業停止が決定された。

その前からマッサージ店やバー、映画館などは既に営業が停止されており、24日の決定はこれまでの規制の範囲をさらに強めた格好だ。

さらに現在では外出時のマスク着用が義務付けられ、していない場合は行政処分が出ると発表がされている。

またバスの運行本数も制限も既に始まっている。

またベトナムの各省に3月28日〜4月15日まで,

  • 必需品やサービスを取り扱う店舗を除いた商業サービス店を休業
  • 20人以上の会議・イベントの禁止
  • 職場・学校・病院の外で10人以上の集合の制限
  • 公共の場所での2メートル以上の間隔の確保

などが通達がされ、これも既に適用となっている。

まだ完全なる封鎖・外出禁止ではないがベトナムはほぼ半封鎖のような状況で、大都市で特にそれが顕著となっている。

 

週末でも外は閑散。レストランやカフェも持ち帰りのみの営業が目立つ。

日曜日ストリート

週末、移動する人は多いが営業している店舗はほとんどない。

冒頭の写真のように持ち帰りのみの営業をしている店舗もあるが、驚くほど外を歩いている人がいない。

週末は家族づれで賑わうサイゴン動物園も現在は新型肺炎による規制で休業中だ。

経済活動よりも人の命を優先した措置がとられ、早期から規制に取り組んで来たベトナムだが、ここに来て増加に歯止めをかけるために一段と規制が強化された。

地方都市ではかなり効果が上がっているようで、新規のコロナウイルスの感染者のニュースが少ない。

ホーチミンでは人々は現在髪も切りに行けない状況だが、もし今回の規制でホーチミンやハノイで効果が出れば、ベトナム国内の鎮圧も夢ではない。

4月15日までの規制の効果を期待したい。

これまでのベトナムのコロナウイルスのまとめ
主にハノイ・ホーチミンの新型コロナ(COVID-19)発生から今までのまとめ【ベトナム】