【続編】中国の新型コロナウイルス感染者数は嘘。実数は320万人?

中国女性中国の湖北省、武漢で発生した新型コロナウイルスの感染者数が嘘なのではという報道が相次いでいる。

以前のブログ
中国、新型コロナの感染者数は嘘。なぜ感染スピードが急激に落ちた?

だが実はアクセス数がかなり高く、同様の疑問を持っていた人が多数いたのがうかがえる。

 

改めて中国の新型コロナウイルス感染者数は嘘。

コロナ中国

不自然なことに急に中国国内の新型コロナのニュースが入ってこなくなった。

各国で入国規制が行われている現在は別にして、武漢から中国の別の都市へ新型肺炎がちょうど広まり始めたくらいからだ。

武漢封鎖が行われたというニュースは各国へ報道されたが、上海や北京が封鎖になったというニュースは流れていない。

日本のマスコミは現地支局からこの時点での情報はいろいろと入手できていたはずだ。しかしなぜか報道がされなかった。

中国の圧力的なものがあるのかもしれない。

しかし個人的には芸能人のプライバシーを侵害してまで執拗に報道を繰り返す常識はずれの思考・スキルがあるのだから、中国の実情報道くらいはやって欲しい。

というようにこのあたりから世界のコロナ情勢はイタリア、韓国の報道にシフトしていき、中国のCOVID-19感染者数は8万人からほとんど増えていない。

デマや嘘だと考える人が多いのは無理もない。

 

実数は320万人?トランプ大統領、イギリス政府も中国の発表数に疑問

病院・薬品

アメリカのトランプ大統領もこのあたりには疑問を持っているようだ。4月1日に中国のコロナウイルス感染者数の発表について「少々軽めだ」と述べ、その信憑性に疑問を示している。

イギリス政府も同様に中国の発表はウソの数字であるとしており、陽性者の数は最大で実際の40倍とも見積もっている。

現時点での中国の発表数を8万人とすると320万人という膨大な数だ。

しかし、外出禁止措置を取っているイタリアでも10万人の感染者を超えているので、あながちこの320万人という数字は嘘ではないのかもしれない。

中国の人口は14億、それに対しイタリアは6,000万人と23倍以上の差がある。

イタリアの現在の感染者が12万なので、それに23を掛けると276万人と数字は限りなく近づく。

 

現在の中国の政策、状況はどうなっているの? 

北京

では現在の中国はどうなっているのだろうか?

日本のマスコミから情報が得れないとなると英語の記事から情報を得るしかないが、時間もかかるので日本人駐在者のブログを幾つか訪問して情報を得てみた。

ちなみに4月4日(土)は中国ではコロナウイルスの犠牲者に3分間の黙祷が捧げられたと記載がある。

中国では事実上の収束という認識なのだろうか。

日本人が中国で2週間の隔離を体験したというブログもあった。

ホテルの1室での生活が綴られており、支給される食べ物が何か、また部屋の前に食べ物が置かれる際の写真が掲載されており、廊下を歩くスタッフの装備が厳重で生々しい。

北京や上海では検温が実施されたり、ショッピングモールがまだ閉鎖されていたりする記事もあるが、上海では商業施設に多くの人が集まる写真も掲載されている。

学校はまだ休校となっているようだが、外出の規制がものすごく厳しいという訳ではなさそうだ。

初期に中国の地方へ拡散したコロナウイルス、これの封じ込めだが筆者はこれは中国の人口を考えると難しかったと正直思う。

またヨーロッパ各国、アメリカから帰って来た中国人も多いはずで、ここからもおそらく感染は広がっているはずだ。

このあたりは月日が経過しても引き続きグレーとなる可能性が高いが、今後の国際社会の動静を考えると中国も今後は自国の正しい情報発信について検討する必要があると言えよう。

 

海外で37℃の微熱。ついにコロナ隔離か。専門施設に連れていかれる。

コロナ検査いきなりだが微熱が出ただけで連れていかれた施設。

自覚はなかったが37℃の熱があったらしい。

恐れていた海外での隔離が現実に。。

 

海外で37度の微熱。専門施設に連れていかれる。ついにコロナで隔離か。

 

微熱体温

ことの発端は住んでいる国がコロナの影響でいろいろな施設が閉まり始めたことにある。

公共バスやタクシーも止まる可能性があったし、定期的に行っている病院にも早めに行って薬をもらっておこうとしたのが不幸の始まりだった。

もちろんその時には喉の痛みもなかったし熱もないと思っていた。

病院につく。入り口で最近どの病院でも行われている体温チェックがあった。

額に体温計を近づけて温度を測る5秒ほどで体温がわかる検査で、なぜかピーピーピーという音が。。

熱がある自覚がなかったので、その音が熱があることを示すものとは思わなかった。

女性の看護師さんが焦り始める。中の別のスタッフと相談をし始め、これはちょっとヤバイかもと思ったが何とか中に入ることが許された。

受付をすませ、診察前に血圧や身長、体重を測る際に再度体温チェックがあった。

 

ピーピーピー。

 

また警報音みたいのがなる。

 隔離施設イメージ

写真のような隔離施設行きが頭をよぎる。

前のブログで書いたように海外で隔離だけは何としてもされたくなかった。

そして目的としていた診察は

「あなたの診察は今日は最優先事項ではないから、まずはここの施設に行って検査を受けて欲しいの。」と言われキャンセルに。

「コロナ疑いで2週間の隔離ですか?検査はどれくらい時間がかかりますか?」と聞いてみた。

「わからないわ。とりあえずプロセスとしてはそこに行くことになっているから、とりあえず行ってみて。グッドラック!」

と言われ何だか映画っぽい展開になってきたが、どうも紙に書いて渡された施設に行かないとダメな雰囲気だ。

強制移動と思ったが、どうやら個人で行くらしい。

なんだ。個人での移動なのか。

バイクタクシーにまたがり、10分ほどで専門の施設に移動した。

冒頭の写真にあるように「COVID-19」の看板が立てかけられていた。

 

英語が通じない恐れていた事態。そして。。

コロナ検査2受付で事情を話そうと思ったら英語が通じなかった。

問診票を書いて診察を待つ。他にもコロナの疑いがある人が並んでいた。

この人たちは自主的に来たのか、自分みたいに要請をされ来たのかはわからない。

ただここに来た時点で皆、何かしらの疑わしい症状があるはずだ。

にも関わらずお互いの感染を予防するような体制はなく、普通の病院のように同じ状況の人たちの近くで15分くらい待たねばならなかった。怖い。

ここでパスポートを提出しなければならなかった。システムで全部登録がされていく。いつ入国したのか、住所などいろいろ聞かれたあとに問診が始まった。

「微熱以外は何の症状もないです。微熱の自覚症状もありませんでした。」と話す。

「では、そもそも君は何でここに来たのかね?」

みたいなことを言われる。ちょっと半笑いな感じで言われたので強制ではなかったらしい。

なんだよ、前の病院とも思ったが、この国にこういうプロセスがあったのに少し安心した。

そして健康手帳ならぬ、コロナ手帳みたいのをもらって「コロナの疑いはありません」の証明をもらい数百円の診察料を払って終了となった。

前の病院に戻ってその証明書を見せて、本来したかった診察も終わり目的は達成したが何ともメンタル的に疲労を伴う時間となった。

余談だが問診以外にコロナ陽性かどうかのPCR検査は行われなかった。問診だけでコロナ疑いなしなんて、ちょっといい加減な気もしたが専門の施設の人がそう判定するんだからしょうがない。

ちなみに全部のスタッフが英語を話せないっぽかったが、たまたま英語を話せる現地の人が診察に来ていて全部通訳して間に入ってくれた。

 

続く外出規制。今後はどうなるの?

夜間ゴーストタウン4月4日時点、この国で外出している人は相変わらず少ない。

写真は午後7時の町中だが店はほとんど閉まっている状況だ。

移動している住民は多いが、なんとも寂しい光景だ。

現地の人も寂しいだろうがその国に住む外国人にとって、これはとてもきつい状況だ。

検査施設に行った時に、スタッフ以外でたまたま英語が話せる人がいたから良かったが、そういう人がいなかったらもっと大変だっただろう。

そんなこともあり、もう同じようなことがないことを願う。

 

カレーの国インドの危機。全土封鎖もコロナ感染数が2,000人超え。

ガンジーインドの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者が増加している。

2020年4月4日時点でインド全土の新型肺炎の感染者数は2301人、死者は56名となった(WHO調べ)。

 

カレーの国インドの危機。全土封鎖もコロナ感染数が2,000人超え。

3月24日、インドのナレンドラ・モディ首相は25日0時からインド全土での3週間の外出禁止令、いわゆるロックダウン(封鎖)を発表した。

当時のブログ
インド全土がロックダウンに。新型肺炎で21日間の外出禁止令。人口13億人の正念場。

発表時にこの3週間が今後のインドのコロナの行方を左右するという声明があったが、残念ながら患者は少しずつ増えている。

インド消毒

そもそ%